レムリアンシードクリスタルは1999年から2000年始めにブラジルで発見されました。

発見された時通常の水晶とは違い、窪みの中の砂地に一本一本がおかれているような状態で見つかっています。

このクリスタルには、レムリア大陸に住んでいた高度な文明を築いたレムリア人が転生した姿であると言われ(レムリア大陸:現在の太平洋・インド洋に存在したといわれています。レムリア人達は、現代の人種とは異なった精神文化を持っていたと伝えられています。)原石の表面に刻まれた「レムリアンリッジ」と呼ばれるバーコード状の条線(成長線)には古代レムリア人によって託された高度な知識や情報が記録されているとされ、この線をなぞりながら瞑想すると、古代レムリア人の叡智に触れられると言われています。

ポイントを身体に向けると、エネルギーが増幅し、ポイントを身体と反対側に向けると、不要なエネルギーを排出して、エネルギーを調整してくれます。

 

『ロシアンレムリアン』

2001年ロシアのウラル山脈で発見されたクォーツで、レムリアの中で最も新しく発見されたレムリアンシードです。 ウラル山脈には女神の伝説が語り継がれ、持ち主となる全ての人々を教え導き、愛と栄誉を与える為に個々のクリスタルには女神が宿っていると言われています。
 

レムリアの意識達は「あなたは本当はどんな目覚めを起こしていきたいのか。」魂に問いかけてきます。

地球規模の混乱や不安が絶えないこの時代。これからの新しい世界には何が必要なのか、何を感じていったらいいのか 地球と繋がり 何を発信していったらいいのか…あなたの意識を目覚めさせてくれることでしょう。

心静かにリッジに触れてみてください。今あなたが必要としている問いに、感覚的に波のように答えが押し寄せてやってきます。何かを受け取ろうとするのではなく、心を『無』にして意識クリアにレムリアが話しかけてくれるのをただ感じてみてください。

クリスタルを手にする者は決められている者であり、潜在能力を開き本当の生きる役割を伝えにきてくれていると言われます。もしくは…レムリア人だった時の自分自身からのメッセージとして、時を越えて、今世あなたの前に現れるかもしれません。

そして目を閉じて現れた色や感覚は、今のあなたに必要なエネルギーを与えてくれることでしょう。

地球は今、恵みを分かち愛う『愛の時』に向かおうとしています。 あなたの中にあるレムリアの平和で優しい愛の風を思い出してみませんか?

この地は全て 愛によって扉は開かれ、愛によって自由になっていくことを感じていってください。